トップ空港概要

空港概要

ターミナルビル概要

構造
ターミナルビル本館(鉄骨造3階建)・固定橋(鉄骨造)・玄関庇(鉄骨造)・附属棟(鉄骨一部鉄筋コンクリート造平屋建)
床面積
ターミナルビル本館
国際線 1階:1,398.68m² 2階:1,457.65m² 3階:215.12m² 計:3,071.45m²
国内線 1階:2,132.70m² 2階:2,444.29m² 3階:985.98m² 計:5,562.97m²
総計:8,634.42m²
附属棟その他:154.89m²
建物高さ
15.30m
機械設備
エレベーター3基、エスカレーター3基、バゲージクレームコンベア2基、フライトインジケーター一式、パッセンジャーボーディングブリッジ(PBB)3基

空港概要

設置管理者
島根県
種類
地方管理空港 C級
位置
島根県出雲市斐川町沖洲2608番地
標点
北緯35度24分49秒 東経132度53分24秒
標高
1.80m
対象機種
ボーイング767型旅客機等
空港総面積
566,341m²
着陸帯
2,120m×150m 318,000m²
滑走路
2,000m×45m 90,000m²
エプロン
29,975m² Dコード用(B-767等)2バース Cコード用(MD-90等)2バース プロペラ用1バース
無線施設
VOR超短波全方向式無線標識、DME距離測定装置、LOC(ローカライザー)、T-DME(ターミナルDME)
航空灯火
進入灯、滑走路灯、誘導路灯、エプロン照明灯、飛行場灯台、風向灯、航空障害灯

沿革

昭和39年4月
公共用飛行場として建設
昭和41年6月
開港(公共用第3種F級)、滑走路延長1,200m・巾30m
昭和41年7月
大阪線開設 YS-11型機(62~64席)1日1往復(2便)
隠岐線開設 デ・ハビランド・ヘロン(16席)1日1往復(2便)
昭和44年4月
隠岐線 YS-11型機就航
昭和45年4月
大阪線1日2往復(4便)に増便
昭和45年12月
滑走路拡張工事完成(第3種D級)、延長1,500m・巾45m
昭和47年4月
大阪線1日3往復(6便)に増便
昭和50年3月
大阪線1日4往復(8便)に増便
昭和54年8月
東京線開設 YS-11型機 1日1往復(2便)
昭和55年11月
東京線 DC-9-41型機(128席)就航
昭和56年3月
旧ターミナルビル開業
昭和56年4月
東京線1日2往復(4便)に増便
昭和59年12月
福岡線開設 YS-11型機 週4往復
昭和60年7月
福岡線1日1往復に増便
昭和63年7月
東京線1日3往復(6便)に増便
平成2年12月
東京線1日4往復(8便)に増便
平成3年3月
滑走路延長工事完成(第3種C級)、延長2,000m・巾45m
平成5年7月
新旅客ターミナルビル完成
東京線 エアバスA-300型機就航
平成5年12月
新貨物ビル完成
平成8年6月
広島西線開設 ジェット・ストリーム(19席)1日2往復(4便)
平成8年7月
札幌線開設 MD-87型機(134席)週3往復
平成8年11月
小松線開設 ジェット・ストリーム(19席)1日1往復(2便)
平成9年9月
沖縄線開設 MD-90型機(166席)週3往復
平成9年10月
名古屋線開設 SAAB340型機(36席)1日1往復(2便)
平成10年4月
東京線使用機材 A-300型機 ナイト・ステイ開始
平成10年7月
出雲空港運用時間の延長実現 7:30~20:30(13時間)
平成10年9月
9月21日出雲空港開港以来の旅客数1,000万人突破
平成11年3月
公園駐車場拡張
平成12年5月
5月18日から航空管制業務の一元化(米子空港と空域一元管理)
平成12年6月
6月20日ターミナルビル会社 創立20周年
平成14年7月
東京線1日5往復(10便)に増便
平成15年2月
大阪線 DH8-D Q400型機(74席)就航
平成15年3月
東京線 年間利用者500万人達成
平成15年7月
旅客ターミナルビル開館10周年
平成17年5月
5月10日出雲空港開港以来の旅客数1,500万人突破
平成18年7月
7月11日出雲空港開港40周年
平成19年8月
誘導路新設工事完成
平成19年11月
大阪線1日8往復(16便)に増便・ナイトステイ開始
平成21年3月
国内線搭乗待合室拡張工事完成
平成21年7月
東京線 年間利用者 1,000万人達成
平成21年8月
東京線開設30周年
平成22年6月
ターミナルビル会社 創立30周年
平成22年7月
「出雲縁結び空港」愛称決定
平成25年7月
旅客ターミナルビル開館20周年
平成26年3月
3月15日 出雲空港開港以来の年間利用者数80万人達成
平成26年8月
札幌線運航再開(季節便) ボーイング737-800型機(165席)週4往復
平成27年3月
3月29日 名古屋線再開(FDA) ERJ170型機(76席)・ERJ175型機(84席)1日1往復(2便)
平成28年6月
出雲空港開港50周年
平成28年7月
7月1日 名古屋線1日2往復(4便)に増便